20220320

ebookjapanで、漫画のような図説のようなもの「プロジェクト発酵記」(>リンク)を連載しています。これは今、ebookjapanのアプリとウェブのどちらでも読めるんですが、アプリのほうは連載終了まで全部無料で読めるようにしてくれています。

で、ウェブ版(>リンク)では、1~5話までが常に読める状態で、それに加えて最新の話が読める感じです。たとえば1~5と7とか、それから1か月たつと1~5と9とか。2週間に1度更新していて、1話ずつ読める分が進んでいきます。

引き続き、読んだ人のそれぞれが、自分のやり方や心地いいプロジェクトの進め方を模索したり思考していく刺激になればいいなと思って描いていきます。もし興味あったらよろしくお願いします。


20220227

先月僕がここで募ったバースデードネーションを見て、参加してくれた上に自分もやろうと思ってくれた人がいて(今月誕生日)、そのことについて教えてくださったので、僕も参加したんだけど(おめでとうございます)、記入フォームを適当にやりすぎて性別欄を飛ばしてたみたいで、女性になってた。UNHCRという、国連の難民の機関です。

あとで直しておきます。


20220225

侵略が体調に出る。昼間2時間歩いておいたのですこしはまともに眠れた。色々思うことをメモした。公共放送で「戦乱に関するニュースを子どもに触れさせる場合の注意」リストが共有されていた。最速で止まり、1ケースでも多く無事やましでありますように。


20220222

「プロジェクト発酵記」第6話が更新されました。決して指南ではないので、「こういうのは悪手である」「こういう考えに陥るとダメ」みたいなことを言わずに書いてきているつもり。どうやろうと、やらざるを得ずやっていくのが人生で、悪手でも突破口が存在しうるのが人生だからだ。自分というアクシデントと、自分の人生というアクシデントが、最後までアクシデントでありつづけますようにという感じすらある。


20220220

比較的規則正しい生活というか似たような日が続いていたから、一週間ぐらいあっという間に過ぎた。ちょうどパンデミック的にも大変な時期だったので、冬だし、それでよかったかもしれない。


20220213

「プロジェクト発酵記」第5話が公開されました。いつもの倍のページ数です。数日前の打ち合わせで、読まれ具合とかも概ね良好だということを聞けて安心しましたし、見てくださってる方ありがたいです。新しいことを立ち上げたばかりだと不安な上、前作とかなり違ったことをやっているのでその不安も重なっていて、でもしばらくやってみないと分からないのでやっていたんですが、引き続きやれそうです。