20220204

しめきり1つ終わった。結構やることや連絡を貯めてしまっているので、無理なく進めます。人生を削らないように最速でやってます。

tichuというゲームをやってみたい。缶に入ってるやつがかわいいけど、4人いないと遊べない。


20220131

1月、長く感じた。

今のパンデミックをコレラやペストと比べて意味があるかは謎だけど、昔には何十年も何百年も同じ病気が流行りっぱなしという状況が結構あって、自然はスケールが大きいな。謙虚に生きなきゃって感じ。


20220130

一種類の作業で10日ぐらいかかっちゃったけど、無事終わった。もうちょっと体重があったらもうちょっと楽なのになーと思う場面が、相変わらず多いので、努力してます。


20220125

スノードームと発酵記、どちらも今週新しい回が公開されると思うので、もし興味あったらよろしくおねがいします。原稿のストックが、生じたり消えたりしていて、消える時というのは、ストックがもたらす時間的余裕を余計に注いでいる時なので、実はいいことな場合が多い。そうして1月は終わります。


20220124

すこし喘息っぽかったり、言葉が弱いのもあって、感染したときの苦労や危険を考えると、もうずっと、活発に出掛けたりする気にならないかもしれない(別にならなくてもよいのでそれでよい)。本当はこの時期を「語学のための監獄」みたいにとらえ、ぎゃーっとレベル上げできればよかったんだけど、難しかった。世の中どうなっちゃうのって景色の中で、その先のためのことをコツコツやるというのは難易度が高い。それでも、ぐずぐず生きていても、やりたい自分というのはやれているので、いい。


20220123

今月からアプリのclubhouseを使い始めて、いい感じなので続けている。招待制ではなくなったので、一度知り合えたけど全然やり取りできてない人とかも、気楽に参加してください。

何年か前に神戸の店を閉めて、即売会とかも出てないし、移住してからは日本に行ってないので、漫画や文章を読んでくれている一人一人がどんな生活をしてどんな感じで何を考えて、とかそういうことを文面以外で知る機会が減っていたんだなと実感。とても励みになったり気づくことが多い。


20220121

1日1回じゃなくて、書きたいときは何回も書こうと思います。そのほうが滞ってる別のことが進むかもしれないですね。


20220121

40代が始まった!みたいなタイミングでもあるので、どんどんここに書いていこうと思うので、もし興味があれば見てください。

と書いたけど年齢は関係なくて、ソーシャルメディアが自分の今やってる生活にとって邪魔のほうが多いのでっていう感じです。ここ何年かでだんだん、語学のためにもあまり日本語をスクリーンで見ないようにしていて(目標水準までまだまだだし、英語も必要な場面が多いので並行したい)、フィジカルの比重を高めたいというのもあるし、いろいろな調整のために。そういう時期もある。

ツイッターとインスタグラムはほぼ同じものを流すようにしました。フェイスブックにもインスタグラムからシェアを時々流すようにしてます。ソーシャルメディアたちは、1企業が広告費目的でやってる、場所だけ作ってユーザーに中身を作らせてっていうシステムだけど、それにとどまらないものであり続ける気配もあるだろうから、今の運用で保留しています。


20220119

ちょっと前に、誕生日のことでお知らせしたんですが(こちら)、反応してくれた方、興味持ってくれた方、ありがとうございました。

僕がどんな人間であるかに関係なく、人間は周りの人間とか普段言動を見ている人間同士で行動を強く影響しあうものだし、なんとなく前からやってみたかったことでした。もともと寄付に関心があったり、早かれ遅かれ関心を持つ人の何かをすこし早めたりするきっかけ程度でしかないとは思うんですが、何でもきっかけが豊富に落ちてるほうがいいかも?

毎年は無理かもしれないけど、またやるときはカードを同じ感じで作るし、いつかそれをまとめておく格納ソフトとかも作れたら楽しいかもしれない。NFTが話題になってて、逆に旧来の複製不可能性(「このmp3ファイル、99年にあいつからもらったんだよな」みたいな、おんどりゃの頭蓋の中のほうに証書がある感じ)が気になって、なんかそういうの、またやりたいかもな。とにかくありがとうございました、うれしかったです!


20220108

僕は1982年の1月8日が誕生日で、今日でちょうど40歳になります。

きりのいい数字なのでバースデードネーション(僕へのプレゼントとして、寄付をする感じ)を用意してみました。よかったら思い出にぜひ一緒に!

僕が今回紹介するのは2つの団体と、「自分に適した寄付先の探し方」についてです。見るだけでも最後まで見てくれると嬉しいです。


1つめ

最初の団体は「ヒューマンライツナウ」っていうところです。世の中、いい感じに思えることも多いけど、視界に入ってないだけでいつでも脅迫とか臓器売買とかが身近な状態で暮らしてる人がたくさんいる。そういうの、万が一発生してもきちんと裁かれる状態じゃないと、ろくでもないと僕は思ってます。で、そういうのを監視する団体の一つがここです。残念ながら、監視、存在しててほしい。

あとでリンクを張っているサイトでは、過去の実績なども見ることができます。


2つめ

もう一つの団体は「ビッグイシュー」というところです。仕事がなくて住む場所も不安定な状態になった人とかに、ビッグイシューという雑誌を路上販売する仕事を分けてサポートする感じの団体です。

仕事や住まいが「資本主義的に強い人ほど好きなものを選べて、選べない人は好きじゃないものでも我慢しないといけない」というのが僕は全然納得いってないんですが、そういう気持ちと関係もあるし、それとは別でも、どちらにせよ応援していたい団体です。


あなたも是非!

ということで、僕が個人的に思っていることを基準に2つ提示してみました。もし気が向いたらというか、いいきっかけになれば。寄付という経路が自分の中に生まれて、僕は意外と日常生活も変化しました。

どちらも少額の一回限りでも受け付けています。今回は僕も、色んな人と一緒にやったよね!という思い出を残したいと思って、1000円ずつ寄付しました。500円でもできるかも。日本に住んでないと手続きがやりにくかったので、代理の名義でやってもらいました。

もしこの2つの団体じゃないところが良かったら、そこでもぜひ!近所の団体とかも良いと思います。便利な時代ですし、無理なく気軽に。それから、どうやって自分が好きな寄付先を見つけて付き合っていくかという記事も1つ紹介します。


最後に、どんな寄付先でもいいので今回の僕の提案に乗ってくれた人は、よかったらこのカードを、どちらか好きなのを持って帰ってね!SNSとかで使ってもいいです。

(右クリックとか長押ししたりして、ダウンロードしたりして下さい。分からなかったら誰かに聞いてみて)

おわり


20211206

「ベルリンうわの空」の発売記念で、2020年のお正月に「コピーしていい選書フェア」ということをしました。これは、20冊のレビュー付きのブックリストを公開して、どこの店でも図書館でも個人でも勝手にそれを使って「選書フェア」をやってもいいと、ということでした。自宅の枕元に数冊並べて開催してくれた人もいたり、色々な人のおかげでとても楽しい感じになりました。

いま、HMV日比谷では、それに3冊を足した選書フェアを開催中です。(>リンク)リンク先には追加3冊のデータもありますので、これも誰でもコピーして開催可能です。元の20冊のブックリストについてはこちら(>リンク)を見てみてください。

ブックリストのページ(>リンク

また、「開催したよー」ということを知ってほしい時は、ぜひハッシュタグ「#ビルド選書」でSNSで書いてください。本が好きな人で盛り上がれたらいいなと思います。


20211205

最近やったことを「work」のページに追記しました。( >リンク

世の中色々心配なことが多くて、無理せず過ごしてます。時々podcastのコーナーに録音を追加してます。もし時間と興味があれば。